NSK、自動車用変速機用「超長寿命プラネタリシャフト」を開発

NSK「超長寿命プラネタリシャフト」 日本精工は、自動車用自動変速機や無段変速機、ハイブリットシステム等に使用されるプラネタリ(遊星)機構用「超長寿命プラネタリシャフト」を開発した。同品で2018年に20億円の売上をを目指す。

 同品は、両端を加締め(塑性加工)で固定するタイプのプラネタリシャフトを長寿命化するために、同社新開発のオリジナル材を採用し、熱処理を最適化することで長寿命化を実現した。さらに、高周波焼入れによるシャフト両端面の硬度上昇の影響を小さくすることで、シャフト両端の加締めを可能にし、キャリアへの固定が可能となる。その結果、プラネタリ機構の小型・軽量化をすることができ、自動車の低燃費化に貢献する。

 これにより、従来の超長寿命品(ピン止めタイプ)と同等の耐久性を維持し、長寿命品比2.5倍の超長寿命を実現した。また、同等の寿命に設計すれば、長寿命品(加締めタイプ)に対し約3割の幅狭化が可能になるという。