先端力学シミュレーション、学生向けに実践的ものづくりエキスパート養成講座

 理化学研究所ベンチャーの先端力学シミュレーション研究所( http://www.astom.co.jp/ )は、今後中小企業に就職を考えている高等専門学校生、大学の学生・研究生などに向けて「実践的ものづくりエキスパート養成講座」を開催する。受講料は無料。期間は10月10日から来年1月22日まで。場所は、カリキュラムにより同研究所や理化学研究所の和光研究所・板橋分所、埼玉県産業技術総合センター、ものつくり大学、東京都立産業技術研究センターの6箇所で行われる。

 同講座は、第一線で活躍するコンサルタントや先端的な研究開発を行っているプロフェッショナルが講師となり、事業環境・市場環境の変化に対応できるものづくりの即戦力になる「マネージャー型技能者」を養成するもの。受講を終えると、修了証明書が発行されるため、実習で制作した加工品と併せて就職活動のアピール材料となる。また、修了者本人の了解を得た上で、埼玉県内の各種研究会参画企業に対して就職の情報提供を行う。

 講座内容は以下のとおり。

「講座1.ものづくりおける基礎講座」
新しいユーザーニーズを掘り起こすために必要な考え方やマーケティング、コミュニケーション能力、ロジカルシンキングなど、ものづくりの基礎を学ぶ。

「講座2.CAD/CAM/CAE実習」
 3次元CAD/CAM/CAEシステムの原理を理解し、それらの基本的な操作を学び、「加工の基礎コース」や「光造型技術」に活かす。

「講座3.加工の基礎コース」
 加工についての基礎的な理論を理解し、マシニングセンターで簡単な形状を加工し、その形状や表面粗さを測定するスキルを学ぶ。

「講座4.最新マイクロファブリケーション技術」
 最新のマイクロファブリケーション技術(超精密切削加工、超精密プレス加工、超精密放電加工および超精密光造型加工)の実践的応用スキルを習得し、加工の高スループット化や製品形状の複雑化・小型化に対応できるスキルを学ぶ。

 同講座は、10月10日開始だが、講座ごとの申し込みも可能なため、随時申込者の募集を行っている。講座に関する詳細や申し込み・問い合わせは同養成講座ホームページ( http://www.monoexpert.jp/index.html )まで。