三菱電機、高出力発振器を搭載した炭酸ガス2次元レーザー加工機

三菱電機「ML3015NX-60XF」 三菱電機( http://www.mitsubishielectric.co.jp )は、超高速切断加工の炭酸ガス二次元レーザー加工機「NXシリーズ」に新開発の高出力炭酸ガスレーザー発振器「ML60XF」を搭載した「ML3015NX-60XF」発売する。

 同品は、ビームの集光性を高めた新開発の6kW炭酸ガスレーザー発振器を搭載。軟鋼板厚16mmの加工時間を最大35%短縮など、幅広い材料において生産性向上を実現したほか、ステンレス切断では仕上げ後の工程が不要となる最大板厚を14mmから16mmへ拡大した。

 また、発振器内部構造の改良により、光学部品(出力鏡)の寿命を従来機より2倍以上に向上。発振器のメンテナンス部品を減らし、加工機全体のメンテナンスコストを約15%削減した。