日本金型工業会、若手経営者らが日産で技術プレゼンテーション実施

共同プレゼンテーションのもよう共同プレゼンテーションのもよう 日本金型工業会東部支部( http://east.jdmia.or.jp/index.html )の若手経営者会「天青会」は9月19日、日産自動車のテクニカルセンター(神奈川県厚木市)を訪問。日産自動車の生産技術本部を中心に約40名が出席する中、11社が共同で最新の金型技術についてプレゼンテーションを行った。発表内容は以下のとおり。

発表内容

  1. 自動車用エンブレム技術
  2. 試作製品加工、アルミ鋳造用金型、金型消耗部品、製造ラインでの消耗部品
  3. 成形品の高光沢仕上げ、ウエルドフローマークレスにより塗装のいらない品物ができる射出成形技術
  4. 微細金型加工技術
  5. 丸いものを丸く作る。3次元測定を行って金型に盛り込む。機構を持った金型
  6. 熱対策技術:断熱塗料&断熱マット
  7. 金型及び省力化機器等の生産設備の摺動部を簡単に無給油化できる技術
  8. STL CAMを使った切削によるグラデーションシボ加工
  9. 高精度かつ小内径で、内径全周にアンダーカットを持つ成形部品用金型の開発
  10. 車載用精密プレス製品
  11. オリジナルスタックモールドによる量産性向上・コストダウン



 プレゼンテーション終了後は、今後の日本のものづくりについて活発な意見交換が行われた。天青会では、今後も直接ユーザーを訪問しての技術プレゼンテーションをを実施していく予定。窓口は日本金型工業会の事務局が務める。訪問を希望するなど、ユーザー企業の問い合わせは下記まで。

問い合わせ
社団法人日本金型工業会 事務局 鈴木
E-mai: n.suzuki@jdmia.or.jp
Tel:03-5688-1455