日本金型工業会、金型のジャパンブランド確立のためタイ・シンガポールで商談会

AAA+A KANAGATA 日本金型工業会( http://www.jdma.net/ )は、「JAPANブランド育成支援事業」の一環として3月6日にシンガポール商談会、3月8日にタイ商談会をそれぞれ現地で開催する。この商談会は、金型工業会の正会員企業(金型メーカー)がシンガポールとタイを訪問し、シンガポールでは医療・精密機器業界などのユーザーと、タイでは自動車業界などのユーザーと商談を行うもの。1月20日現在、延べ36社(検討中含む)の正会員企業が参加を希望している。
 
 同事業は、2011年より3ヵ年計画で日本の金型の国際競争力を強化し、海外から受注を拡大するために、金型ジャパンブランド「トリプルエー・プラス・エー金型」を世界市場で確立することを目的としている。今回は、金型の2大需要先である自動車ならびにエレクトロニクス業界が集積するタイと、医療や精密業界でアジアに加えて欧米市場への供給源にもなっているシンガポールでジャパンブランドを確立した上で世界にアピールしていく。

 同工業会は、東南アジアで「トリプルエー・プラス・エー金型」をブランド化した後、世界最大の消費地であるアメリカ、技術レベルの高いEU諸国、世界の工場から消費地に生まれ変わりつつある中国、新興国でありながら金型の需要拡大が見込まれるアフリカ、ロシア、ブラジルなどに普及させることを目指している。

商談会の日程・会場

3月6日(火) シンガポール商談会 9:00~16:00
会場 シンガポール経団連21階セミナールーム
09:00~12:00 商談会
13:00~16:00 商談会

3月8日(木) タイ商談会 10:00~17:00
会場 ホテル ウインザー スイーツ(バンコク)
10:00~12:00 商談会(日系企業との商談)
13:00~17:00 商談会(現地系企業との商談)