テルモ、光を用いたOFDI血管内画像診断装置とOFDIカテーテルを販売開始

 テルモは、光を用いて血管内の状態を診断するOFDI(光干渉断層診断)血管内画像診断装置「ルナウェーブ」(LUNAWAVE)およびOFDIカテーテル「ファーストビュー」(FastView)の販売を開始した。2013年度に両製品で17億円の売上を目指す。

 OFDIは、カテーテル先端部から血管内に光を当て、血管の断面を測定する装置。主に心臓の冠動脈カテーテル治療の時に、血管壁の状態やステントの留置状態などを確認するために使用されている。解像度が高く、従来難しかった血管壁の組織性状の違いまでを映し出すことができるため、治療の安全性と効果を高めることが期待されている。

 「ルナウェーブ」は、 高画質の提供、治療をサポートする機能を搭載。具体的には、血管壁の深部に至るまで、質の高い画像を提供、一つの画面で、OFDI画像とX線透視画像の二つを同期させ表示、一つの画面で、二つの病変部のOFDI画像を並べて表示、などの機能を搭載している。

 「ファーストビュー」は、カテーテル内を生理食塩液で満たすプライミングの必要がなくセットアップの時間を短縮、15cmの観察距離を持つため、長い病変部でも一度で画像を取得、など使い勝手を向上した。

テルモ「ルナウェーブ」と「OFDI画像」「ルナウェーブ」と「OFDI画像」