双葉電子工業、インドネシアにプラスチック金型用部品の製造・販売拠点を新設

 双葉電子工業は、インドネシアに子会社「PT. FUTABADENSHI INDONESIA」を設立し、平成25年8月1日より本格的に営業を開始した。拡大するインドネシア市場において、プラスチック金型用部品の販売拡大を進めるにあたり、製造・販売拠点を新設する。

 事業内容は、プラスチック(モールド)金型用部品の製造・販売。資本金は1,270,000米ドル、出資比率は双葉電子工業が80%、神鋼商事17%、PT. KOBELCO TRADING INDONESIAが3%。