山陽特殊製鋼、高い靭性と高温強度を兼ね備えたダイカスト金型用鋼

 山陽特殊製鋼( http://www.sanyo-steel.co.jp )は、高い靭性と高温強度を兼ね備えたダイカスト金型用鋼「QDX-HARMOTEX(キューディーエックス ハーモテックス)」を開発した。金型の大割れ発生を抑制するとともに、耐ヒートチェック性が大幅に改善できるため、金型寿命の安定化および向上が期待できる。

 同品は、炭化物の熱的安定性を高めることにより、高温強度はJIS鋼SKD61の約1.3倍に改善。これにより、長時間使用時の金型のヒートチェック発生を抑制する。同時に、炭化物の微細均一分散によって、靭性はSKD61の約1.5倍に向上。き裂の進行を抑えることで、金型の大割れを防ぐとともに、微小な欠けの発生も抑制する。

 同品は、金型寿命の長寿命化を通じて生産阻害要因の削減に寄与することで、トータルコスト低減に貢献する。合金成分の適正化や組織予測による材料設計技術と、優れた品質を造り込む最適な製造プロセスの組み合わせにより開発された。主な用途は、アルミ・亜鉛・マグネシウムなどのダイカスト用金型や熱間鍛造用金型など。

大同特殊鋼「QDX-HARMOTEX」室温、600℃の加熱冷却を1000サイクル繰り返した後の試験片断面拡大写真。熱疲労により微小き裂が発生するが、高温強度と靭性が高いQDX-HARMOTEXでは、き裂の発生と進行が抑制され、SKD61と比較してき裂の深さや幅が軽減されている。