engage

日立マクセル、タッチパネル部材の再利用を可能にする薄膜粘着テープを開発

 日立マクセルは、普及が進むスマートフォンなどモバイル端末のタッチパネル部材の固定用として、新たに開発した粘着剤を使用することで再はく離性を持たせるとともに、基材なしの構造を採用して25μmの薄さと高い透明性を実現する両面の薄膜粘着テープを開発した。

再はく離可能面でのはく離(左)強粘着面でのはく離(右)再はく離可能面でのはく離(左)強粘着面でのはく離(右) テープの表面と裏面に、マクセル独自の技術によって開発した異なる機能の粘着剤をそれぞれ配置した。テープの片面には再はく離性を持たせ、容易な貼り直しを可能とした。再はく離性を持たせたことで、タッチパネルとその上面側に使用される各種部材を貼り合わせる工程において、部材の貼り付け位置を修正する場合でも、容易な貼り直し作業が可能になる。ガラスセンサーなどの高価な部材を無駄なく使用できるようになるとともに、製造工程における作業効率の向上、不良低減や廃棄物削減、コストダウンにつながる。

 また、この粘着剤は、ガラスセンサーに使用されている透明導電性素材の酸化インジウムスズ(ITO)の導電性を劣化させない機能を有している。さらに、基材なしの構造にすることで薄さ25μmを実現するとともに、全光線透過率92%以上、ヘイズ(曇価)0.3%以下と高い透明性を持たせ、従来のフィルム基材の粘着テープと比べて視認性が向上した。

 モバイル端末には軽さと薄さ、画面の見やすさが求められているほか、製造工程においては作業効率の向上や不良率低減への要求が高まっており、この粘着テープで2015年度に売上高3億円以上を目指す。