神戸製鋼所、中国の特殊鋼線材二次加工拠点の生産能力を増強

 神戸製鋼所は、中国浙江省の特殊鋼線材二次加工拠点「神鋼特殊鋼線(平湖)有限公司(以下、KSP社)」の生産能力を増強する。

 KSP社は、自動車用ボルト・ナット、軸受製品等に使用される「冷間圧造用ワイヤー」を部品メーカー向けに供給することを目的に2007年に設立、2009年に本格操業を開始した。同ワイヤーの母材である特殊鋼線材は、100%神戸製鋼所が供給し、中国における高品質な部品製造を日本国内同様の素材で行うことを可能にしている。

 中国における自動車生産は順調に拡大を続けており、KSP社は日系自動車部品メーカー向けの「冷間圧造用ワイヤー」では最大のシェアを有している。KSP社は2012年に能力増強を実施したが、今後もさらなる拡大が見込まれる中国市場においては、需要拡大に先駆けた能力増強が必要であると判断し、再度能力増強を行うこととした。

 投資額は約18億円。 6400m2の新建屋を建設し、伸線機3機、STC炉3基等の設備導入を行う。 設備稼働時期は2015年7月を予定している。