ヤマザキマザック、奥山清行氏とのコラボレーション初号機を販売

 ヤマザキマザック( http://www.mazak.jp )は、昨年10月より 世界的に有名なインダストリアルデザイナーの奥山清行氏とともに総合的なデザイン開発を進めており、このほど、コラボレーションの初号機として多面加工・同時5軸制御マシニングセンタ「HYPER VARIAXIS 630 (ハイパーバリアクシス 630)」を発表、10月5日~10月10日まで行われた欧州国際工作機械見本市(イタリア ミラノ)に出展し販売を開始した。

 同品は、操作画面を19インチにアップ、作業者の加工物への接近性、画面位置を背の高さに合わせて上下調節を可能にするなどのエルゴノミクスデザインによる優れた操作性と、最新のリニアモータ、DD(ダイレクトドライブ)モータを採用し、高速、高精度で、高い生産性を実現している。