engage

やわらかい物質”と計測・評価の技術情報誌「月刊Soft Matter」4月号「特集:3Dプリンティングなど成形・材料技術」が4/5に発行

Softmatter1904表紙s “やわらかい物質”と計測・評価の技術情報誌「月刊Soft Matter」の第13号となる2019年4月号が4月5日に小社より発行された。

 今号の特集では「3Dプリンティングなど成形・材料技術」として、3Dゲルプリンティングの技術と成形品の社会実装に向けた取組みから、超微細チタン酸カリウム繊維を配合した複合材料による3D造形技術、自動車で対応が求められる耐アルカリストレスクラッキング特性を実現したポリブチレンテレフタレート樹脂(PBT)の開発とその用途展開まで、各種ニーズに対応するソフトマターの成形・材料技術を紹介する。

ニュースヘッドライン

kat19041001 イグスは、4月1日~5日にドイツ・ハノーバーで開催された世界最大規模の国際産業見本市である「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2019」に出展、新開発した120点のモーション・プラスチック商品を発表した。初日には、同社ブースにメルケル首相が訪れ、6軸アームでケーブル組込み型のローコスト・サービスロボット「robolink®ReBel®」を用いて皿をテーブルに、あるいは食洗器にピック&プレースするデモンストレーションを視察した。

kat19032001 「第1回ソフトロボット創世シンポジウム」が3月20日、東京都千代田区のTKPガーデンシティPREMIUM神保町で開催された。同シンポジウムは、科研費新学術領域「ソフトロボット学」と山形大学OPERA「ソフトマターロボティクスコンソーシアム」の合同企画によるもの。