“やわらかい物質”と計測・評価の技術情報誌「月刊Soft Matter」5月号「自動車におけるソフトマターの適用」発行!

SoftMatter創刊号表紙s “やわらかい物質”と計測・評価の技術情報誌「月刊Soft Matter」の第2号となる2018年5月号が5月7日に小社より発行された。

ニュースヘッドライン

180711NTN NTNは、薄型、軽量、高精度な角度検出センサシステムを構成できる「ラジアルタイプ」の「複列磁気リング」に、新たに開発した「アキシアルタイプ」を追加し本年7 月から量産を開始する。ロボットメーカーなどに対し、ロボット関節部の角度検出のためのエンコーダなどへの適用を提案、2020年度に1億円/年の販売を目指す。

180703ジェイテクト03 ジェイテクトは、既存事業のコア技術を活かして開発した、85℃という高耐熱と-40℃という低温性を両立するリチウムイオンキャパシタについて、2019年より開始予定の量産計画について発表した。同年4月から東刈谷事業場で2,000セル/月、さらには同年秋からは花園工場で40,000セル/月の量産を始める予定だ。

180625ハイウィン ハイウィンは、最大16軸を完全同期制御できるプログラマブル多軸モーションコントローラ「HIMCシリーズ」(モーション制御周期:250~1000μs、メモリ容量:10MB)の販売を開始した。本コントローラと自社製の各種モータおよびドライバを組み合わせることで、あらゆる同期制御システムの構築が可能になる。