NTN、軽量化を実現したEV向けインホイールモータを開発

NTN「「インテリジェント·インホイール」」 NTN( http://www.ntn.co.jp )は、インホイールモータ方式の次世代電気自動車(EV)向けに「インホイール型モータ内蔵アクスルユニット」、「電動ブレーキユニット」、「多軸荷重センサ」を組み合わせた「インテリジェント·インホイール」を開発した。

インホイールモータ方式は、車体にモータを搭載する方式に比べ、室内空間の確保や各輪の駆動力を個別に制御することによる車両安定性の向上という長所がある反面、ばね下重量増加に伴う操縦安定性、乗り心地、さらに電池の一充電当たりの走行距離の延長が大きな課題であり、軽量化を図る必要があったという。

 同社ではこの課題を解決するために、小型·高速·高出力·高効率モータと高減速比·高速·高負荷容量減速機の組合せをコンセプトに開発を進めた。小型モータの高速・高出力・高効率を実現するため、ロータ/ステータの損失や質量の配分など、モータの設計や制御ロジックを最適化した。また軽量化に向けては、内部仕様を最適化し効率を高めることで発熱を徹底的に抑制し、従来必要だった水冷システムを不要にした。さらに小型モータの特性である高速回転を活かしながら、トルクが小さいという課題を解決するため、モータトルクを増幅してタイヤに伝えることが可能な「サイクロイド式減速機構」を採用した。