帝人、車体骨格構造の熱可塑性CFRP部品を1分以内で成形する量産技術

帝人「オール熱可塑性CFRPのコンセプトカー」 帝人( http://www.teijin.co.jp )は、炭素繊維複合材料(CFRP)を1分以内で成形する量産技術を確立した。

 これは熱可塑性樹脂を使用することで実現したもので、この量産技術が確立したことにより、熱硬化性樹脂を用いる従来のCFRPでは成し得なかった量産型自動車への採用の可能性を大きく前進させることになるという。この技術は、炭素繊維に熱可塑性樹脂を含浸させた中間材料をプレス成形するもので、従来方法に比べて簡便に、高速で成形することを可能にする。これにより、量産車などの構造材のみならず、工作機器やロボットなど、より短時間での成形が求められる部材への採用が期待される。

 また、これらの中間材料には、ポリプロピレンやポリアミドをはじめとするあらゆる熱可塑性樹脂を使用することが可能であり、強度・コストの両面から、使用部位に応じた最適な素材を選択することができるという。さらに、熱可塑性CFRP同士の強固な接合を実現し、異素材間の接合技術を組み合わせることで、金属使用量を低減化することに成功した。

 同社では同技術を用いて極限まで車体骨格を軽量化したオール熱可塑性CFRPのコンセプトカーを、この機に合わせて製作した。今後、このコンセプトカーを活用し、自動車メーカーや部品メーカーに対して、より積極的に技術の周知を図るとともに、自動車の軽量化に求められる技術の共同開発を推進する。