島津製、粒子径分布を幅広い粒子濃度で測定可能なレーザ回折式粒子径分布測定装置

島津製作所「SALD-2300」 島津製作所( http://www.shimadzu.co.jp )は、粒子の大きさと分布を測定するレーザ回折式粒子径分布測定装置「SALD-2300」の販売を開始した。原材料粉体の粒子径分布は、医薬品、化粧品、食品、二次電池などの最終製品の性能・機能に大きく影響することが分かっており、重要な品質管理項目の一つとなっている。

 同社は測定ニーズが多様な分野・領域に広がる中で、測定範囲を従来の30nm~1000μmから17nm~2500μmと大幅に拡大し、高性能・高機能な測定を簡便に行える装置を開発した。さらに、同社従来比10倍の高感度化によって、0.1ppmの低濃度から200000ppmの高濃度までの幅広い粒子濃度条件に対応し、最短1秒間隔での連続測定機能を備えることで、濃度や時間によって変化する粒子径分布の実態も正確に評価できるようにした。また、様々な濃度のサンプルを希釈・濃縮せずに測定できるうえ、最短1秒間隔で連続測定もできるため、粒子濃度や時間によって変化する粒子径分布の実態を正確に評価できる。

 「粒子」は医薬、化粧品、食品、インク、二次電池の電極材、触媒、セラミックスなどの原材料として、生活や産業のさまざまな分野で用いられている。原材料の粒子径は製品の品質を大きく左右するため、粒子径の分布を正確に測定することが品質管理や商品開発において重要になっているという。