スター精密、医療、自動車関連分野での部品加工をターゲットにしたスイス型自動旋盤

スター精密「SR-20RⅣ」 スター精密( http://www.star-m.jp )は、スイス型自動旋盤「SR-20RⅣ」を開発し、医療、自動車関連分野での部品加工をターゲットとして、2012年11月より販売を開始する。

 同品は最大加工径をø20mmとし、直線制御軸6軸・回転制御軸2軸の「type A」、さらに工具旋回制御軸(B軸)を追加した「type B」の2つのタイプをラインアップ。どちらのタイプも、加工部品の全長寸法に応じて、ガイドブッシュ仕様、ノンガイドブッシュ仕様の切り換えを可能ました。

 ガイドブッシュを中心にして配置された正面加工用の均等荷重クロスガイド構造の門型刃物台に加え、背面加工用にはY軸制御付き8軸型ユニットを搭載している。27ポジションの工具取り付けステーションに装着できる刃具本数は最大で41本となり、多彩なツーリングレイアウトを実現する。

 制御面では、最新CNC装置を搭載することにより、プログラムの処理時間を短縮。上位モデルの「type B」では、同社独自の制御方式スターモーションコントロールシステムを搭載し、制御系統間の切り替え時間、工具交換時間などの非切削時間を徹底的に短縮した。

 スイス型自動旋盤は、別名「主軸移動型自動旋盤」とも呼ばれ、直径に比べて部品長が長い部品を高精度に切削できる点が大きな特徴とされている。材料の振れ止め装置の働きをするガイドブッシュを用い、刃物はガイドブッシュから一定距離の位置で、外径方向の切り込み運動のみを与えるため、加工物はたわみを起こさずに、高精度に切削することができる。また、軸方向の運動は刃物台が移動するかわりに、主軸台が素材をくわえた状態で移動する機械構成となる。