第6回「ものづくり日本大賞」にアクアテック塗装でマツダなど

in

 政府はこのほど、第6回「ものづくり日本大賞」を決定、受賞者を発表した。同賞は 製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材を顕彰するもの。経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省が連携し、平成17年より隔年開催しており、今回で6回目を迎える。

 内閣総理大臣賞(経済産業省関係)、経済産業大臣賞の受賞者は以下のとおり。

内閣総理大臣賞(内閣総理大臣賞のうち経済産業省関係7件)

「揮発性有機化合物とCO2を同時削減する新塗装技術“アクアテック塗装”」菖蒲田清孝 氏(マツダ)ほか3名
「軟質針葉樹の圧密成形加工技術開発・実用化及び家具用材への利用拡大」西塚直臣 氏(天童木工)ほか4名
「ISOクラス1フィルタと整流機構で実現した省エネルギースーパークリーンシステム」鈴木剛人 氏(興研)ほか3名
「地球環境保護に貢献するクリーンディーゼルを支える世界初のコモンレールシステム」篠原幸弘 氏(デンソー)ほか6名
「省エネを実現する、商船に世界初搭載した炭素繊維強化プラスチック製プロペラの開発」山磨敏夫 氏(ナカシマプロペラ)ほか6名
「次世代半導体デバイスを支える“製造装置用低発塵性部材”の開発」清原正勝 氏(TOTO)ほか6名
「グランドピアノの音色と機能を持つアップライト型グランフィールピアノ」藤井幸光 氏(藤井ピアノサービス)

経済産業大臣賞

製造・生産プロセス部門

「日本の社会基盤を支える平均ロット5個特化型の大型コイルバネ製造ライン開発」石塚 健 氏(東海バネ工業)ほか3名
「ものづくりの全領域をICTで繋ぎ、人と機械の協調生産を実現したノートPC生産方式」佐藤昌之 氏(島根富士通)ほか3名

製品・技術開発部門

「世界初!紙製容器でできた非常用マグネシウム空気電池の開発」久保田 昌明 氏(古河電池)ほか6名
「泥状津波堆積物(ヘドロ)を原料とした高機能性地盤材料の開発」森 雅人 氏(森環境技術研究所)ほか5名
「分子レベルで接合する画期的なフレキシブルプリント配線板の開発と量産化」 森 邦夫 氏(いおう化学研究所)ほか6名
「環境に優しい自動車づくりに貢献する省資源型高耐熱ステンレス鋼の開発」中村 徹之 氏(JFEスチール) 氏ほか6名
「超軽量・高強度の樹脂製ハニカム素材“テクセル”の量産技術及び商品開発」村上哲哉 氏(岐阜プラスチック工業)ほか6名
「世界初の大豆分離・分画技術USS製法による豆乳・豆腐の新カテゴリー製品開発」 佐本将彦 氏(不二製油)ほか6名
「社会インフラを支える世界初の省資源型高性能二相ステンレス鋼の開発」及川雄介 氏(新日鐵住金ステンレス)ほか6名
「廃家電等のミックスプラスチックを材質毎に高速且つ高精度に選別可能とする装置の開発」青野 孝 氏(ダイオーエンジニアリング)ほか2名
「世界初、積層型CMOSイメージセンサーの開発と量産化」杉本 大 氏(ソニーセミコンダクタ)ほか6名

伝統技術の応用部門

「ナノコンポジットコーティングを付与した高耐久性漆器の開発」佐浦 みどり 氏(東北工芸製作所)ほか5名
「海外進出を実現した、洗濯や摩擦で色移りしない高品質の久留米絣製品」野口泰男 氏(オカモト商店)ほか5名

海外展開部門

「グローバル展開を実現した超コンパクトフレキシブルな複動1ストロークプレスの開発」堀 智之 氏(アイシン・エィ・ダブリュ)ほか6名

青少年支援部門

「地域資源を活用した化粧品“まごころ”シリーズの開発」万協製薬、NPO法人植える美ing