旭化成、ドイツを拠点に欧州の自動車分野に注力

 旭化成は、欧州市場における事業拡大のため、ドイツ・デュッセルドルフ市に「旭化成ヨーロッパ」を設立し、4月1日より営業を開始する。

 同社は、今年4月1日より旭化成ケミカルズ、旭化成せんい、旭化成イーマテリアルズの素材関連子会社3社を吸収合併し、旭化成エレクトロニクスとともにマテリアル領域として集約し事業持株会社として事業間の連携強化、シナジーの最大化を目指す。マテリアル領域では、事業横断的にマーケティング活動、製品提案力を強化し、中でも多くの事業が取り組んでいる自動車分野に注力する。

 欧州市場におけるマテリアル領域の顧客の多くが自動車関連産業であり、域内でもドイツは、自動車分野のグローバルな情報発信基地として重要な拠点となっている。これまで欧州において、事業ごとに現地法人を設立し事業活動を行ってきたが、欧州自動車関連産業との連携を深め、さらなる拡大が期待される自動車分野を中心に、欧州市場での事業拡大を加速するため、ドイツ・デュッセルドルフ市に「旭化成ヨーロッパ」を設立する。

 旭化成ヨーロッパでは、マテリアル領域での自動車関連産業を中心とした事業横断的マーケティング、自動車関連素材の研究開発・技術サービスや顧客ニーズへの迅速かつ効率的な対応を行い、欧州市場でのプレゼンスの向上、収益最大化を図る。