第45回日本産業技術大賞内閣総理大臣賞にホンダなどの「ホンダジェットの開発」

内閣総理大臣賞に決まったホンダジェット内閣総理大臣賞に決まったホンダジェット 日刊工業新聞社が主催する「第45回日本産業技術大賞」の受賞3件が決まり、ホンダとホンダエアクラフトカンパニーによる「ホンダジェットの開発」が最高位の内閣総理大臣賞に選ばれた。

 同賞は日本の産業社会の発展に貢献した技術成果を毎年選定し、開発・実用化した企業およびグループを表彰している。今回も主要産業団体、学会などを通じて推薦された技術成果の中から、学識経験者ら11人で構成する審査委員会(原山優子審査委員長=総合科学技術・イノベーション会議議員)が厳正に審査し、受賞案件を決定した。受賞案件は以下のとおり。

■内閣総理大臣賞
「ホンダジェットの開発」
本田技研工業
ホンダエアクラフトカンパニー・エル・エルシー

■文部科学大臣賞 
「地震エネルギーで揺れを止める新世代制震装置「HiDAX-R」の開発」
鹿島建設

■審査委員会特別賞 
「スーパーグロースカーボンナノチューブ量産技術完成」
日本ゼオン
産業技術総合研究所