新日鉄住金、疲労特性・加工性に優れたハイテン鋼板を開発

新日鉄住金が開発したハイテン鋼板の加工特性開発したハイテン鋼の加工特性 新日鉄住金は、自動車足廻り構造部品・ホイール部品を中心に使用されている熱延ハイテン鋼のラインアップを拡充した。従来から590・780・980MPa級の熱延ハイテン鋼板を量産していたが、さらなる自動車軽量化等のニーズに応えるため、従来よりも疲労特性・加工性・外観に優れた590・780MPa級熱延ハイテン鋼板および780MPa級熱延原板合金化溶融亜鉛めっきハイテン鋼板の三種を開発した。

 新開発の製品は、成分設計と熱間圧延プロセスの高度な温度制御で従来製品を上回る疲労特性を実現するとともに、同社の従来型ハイテン比で伸びを2割以上、穴広げ率を4割以上向上させていることから、形状によっては高強度化が難しかったサスペンションアーム等の難成形部品に適用が可能。

 また、外観にも優れることから、ホイール部品等の外観にシビアな品質が要求される部品にも適用が可能。さらに、780MPa級ハイテンについては同様の特性で合金化溶融亜鉛めっき鋼板もラインアップに加えたことから、防錆性能が要求される部品にも適用が可能だという。