ジェイテクト、モーター用の低トルク長寿命深溝玉軸受を開発

ジェイテクト「低トルク長寿命深溝玉軸受」 ジェイテクトは、各種産業や家電など様々な用途に使用されているモーター向けに、グリースを最適化することで従来よりも大幅な低トルク化と長寿命化を実現し、モーターの省エネルギー化やメンテナンスフリー化に貢献する深溝玉軸受を開発した。10億円/年の売上を目指す。

 自動車をはじめ各種産業機械で、より一層のエネルギー効率(燃費)向上が求められている中、家電用・産業用など多くの用途に使用されているモーターにおいても、同様の高効率化が求められ、同時にメンテナンスフリー化による長寿命化も求められている。軸受においても同様の要求があるが、高効率化につながる低トルク化とメンテナンスフリー化につながる長寿命化はトレードオフの関係にあり、その両立は困難な課題になっていた。

 ジェイテクトはこれに対し、モーター用の深溝玉軸受におけるこのニーズに応えるため、軸受グリースの組成に注目して、これら課題の解決を目指した。

 具体的には、グリースの基油の低粘度化と増ちょう剤のさいてきかによる流動性向上(撹拌抵抗の低減)によってトルクを従来比50%低減。また、グリースの基油の耐熱性向上と、増ちょう剤の耐熱性と基油保持性向上によって、軸受寿命を従来品比で2倍に向上した。

 これによって、従来トレードオフの関係にあった低トルク化と長寿命化を両立したモーター用深溝玉軸受を完成、モーターの省エネルギー化やメンテナンスフリー化に貢献していく。