トヨタ自動車とダイハツ工業、新興国小型車カンパニー設置に着手

 トヨタ自動車とダイハツ工業は、今後の新興国小型車事業の強化に向け、両社の役割分担を決定した。これに合わせて、2017年1月を目処に、新興国小型車担当のカンパニーの設置を進める。

 両社は、新興国向けの小型車の開発・調達・生産準備を、基本、ダイハツに一本化し、ダイハツが進める新アーキテクチャー「DNGA」を展開。トヨタはこの推進を知見・リソーセスの面からサポートする。商品企画、事業企画は、トヨタとダイハツが一体となって策定・共有。生産については、両社の既存拠点を相互に有効活用していく。

 また、新興国小型車を担当するトヨタ、ダイハツ両社からなるカンパニーを2017年1月目処に設置。新興国小型車の企画から生産準備までを担う。

 トヨタでは2016年4月から、仕事の進め方変革を狙いとした、製品軸での「カンパニー制」を導入している。今回は、トヨタとダイハツの両社にまたがる形態とし、ダイハツがけん引するカンパニーとなることを想定しており、トヨタの従来のカンパニーと位置づけが異なるものとなる予定だ。