MSC、ソフトウェアクレイドルをグループ企業化

 エムエスシーソフトウェアと日本の熱流体シミュレーションのリーディングカンパニーであるソフトウェアクレイドルは、MSC Software Corporation(MSC)がソフトウェアクレイドルの株式のすべてを2016年12月15日に取得し、傘下のグループ企業としたことを発表した。ソフトウェアクレイドルは、日本発の自動車、ターボ機器、エレクトロニクス、建築・土木市場向けの流体(CFD)シミュレーションソフトウェアの革新的プロバイダーとして評価されている。

 1984年に設立されたソフトウェアクレイドルは大阪に本社を置き、約100名の従業員を擁する。ソフトウェアクレイドルの顧客リストには、国内外の大手企業や大学が名を連ねる。ソフトウェアクレイドルはMSC傘下のグループ会社として、今後も独立した経営、営業マーケティング、製品技術開発を進めていく。

 ソフトウェアクレイドルの製品は、使いやすさと優れた性能を備えていることから、MSCではソフトウェアクレイドルの熱流体シミュレーション製品をグローバルに展開するとともに、空力音響およびパワートレインコンポーネントの性能向上などの分野において従来のMSC製品との連携により、顧客の複雑なエンジニアリング課題の解決を目指す。

 MSC Software Corporation社長兼CEOのDominic Gallello氏は、「ソフトウェアクレイドルの強力な熱流体ソリューションとMSCの構造、音響、マルチボディソリューションを連携することで、顧客に対し、より現実的な挙動と確実な設計プロセスを提供できる。ソフトウェアクレイドルの極めて優れたチームがMSCグループに加わることを嬉しく思う」とコメントしている。

 また、ソフトウェアクレイドル社長の久芳将之氏は、「当社は日本で開発され成長してきた技術を世界に展開し、真のグローバル企業へと踏み出すことを大いに楽しみにしている。MSC製品との技術シナジーにより、マルチフィジックスソリューションを提供するためのユニークなプラットフォームを手に入れることになる」と述べている。