日立化成、ドイツの断熱部品メーカーを買収

 日立化成は、自動車・航空機・産業用途の断熱部品を製造・販売するドイツ・イゾライト社を買収する。

 日立化成は、2018年度を最終年度とする「2018中期経営計画」の下で自動車部材事業について、「グローバルトップサプライヤーになるための基盤強化」を基本方針とし、海外における開発・製造・営業拠点の拡充等に取り組んでいる。一方イゾライト社はドイツに開発・製造・営業拠点を有し、自動車・航空機・産業用途の断熱部品事業を展開する企業で、独自の材料技術で開発した「ダイレクト・インシュレーション製品」は、燃費向上の観点で近年欧州を中心に自動車への搭載が進んでいるターボチャージャーに接続する配管の断熱部品として、大手自動車メーカーに採用されている。今後アメリカや日本等欧州以外の地域でもターボチャージャー搭載車が普及すると予想されており、イゾライト社の断熱部品事業はグローバルに拡大することが見込まれるという。

 今回の買収により日立化成は、国内での既存の販売網を通じてイゾライト社の断熱部品を日本の自動車メーカーへ拡販するとともに、イゾライト社の有する欧州での販売網や製造拠点を活用して日立化成の自動車部材の欧州展開を加速する。