JFEスチール、自動車用ハイテンをシリーズ化

 JFEスチールは、自動車部品用の高い加工性を有する高強度鋼板(ハイテン)を「JEFORMA」(JFE Excellent FORMAbility)としてシリーズ化した。自動車用ハイテンでは国内初になるという。

 自動車に使用される鋼板は、燃費や車体の安全性を向上させるため、高強度化が求められている。従来は、DP型(Dual Phase)やマルテンサイト単相型の汎用ハイテンなどが、強度が求められる自動車部品に使用されていたが、鋼板を高強度化すると、一般的に伸びや伸びフランジ性などの加工性が下がるという課題があり、適用可能な部品が制限される場合もあったという。

 そこで同社は、適用する部品の形状や加工方法に応じた最適な鋼板を提供するため、冷延鋼板および合金化溶融亜鉛めっき(GA)鋼板の各強度グレード・加工性において、開発を進めてきた。今回、それらラインナップが揃ったためシリーズ化した。

 同シリーズは、従来の汎用鋼板よりも、伸びの高いType1(高El型)、伸びおよび伸びフランジ性が高いType2(高El-高λ型)、高El型よりさらに伸びが高いType3(超高El型・TRIP鋼)の3タイプで、それぞれ590~1180MPa級までラインアップした。

 例えば、センターピラー部品の下部は袋形状をしており、素材となる鋼板には張出し成形性が必要となる。従来の鋼板では成形ができないのに対し、980GAType2(高El型)では、きれいにプレス成形することができる。また、センターピラー上部のフランジ部は、厳しい伸びフランジ成形が求められるにも関わらず、590GAType2(高El-高λ型)では、割れることなく加工が可能になるという。

JFEスチール「センターピラー下部」センターピラー下部